生活習慣病予防で重要な食事

生活習慣病予防,食事

生活習慣病とは名前の通り生活習慣が発症に関わっている病気です。

 

 

代表的なものは糖尿病や高血圧、高脂血症といった誰もが一度は耳にしたことのある病気ばかりです。これらは遺伝やその他の要素もありますが、生活習慣がやはり大きな要因を占めていることは紛れもない事実です。そんな生活習慣病予防の重要なポイントは、やはり食事です。食事は毎日欠かせないものです。

 

 

食事が体を作るといっても過言ではありません。生活習慣病予防の食事の中で最も気を付けたいことはバランスよく食べるということです。脂肪ばかりや糖質ばかりの食事では、必要な栄養素が補われず肥満や病気のもととなってしまいます。嫌いなものでも調理法で工夫し、バランス良く食べる努力が必要です。

 

 

また、よく噛むというのも大切なので海藻類や根菜類を食事に取り入れましょう。これらは満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐだけではなく食物繊維が過剰な糖の吸収を防ぎ老廃物の排出を手助けしてくれるので高い健康効果が期待できます。そして見逃しがちなのですが味付けも生活習慣予防の観点からは重要です。

 

 

濃い味付けですと主食を取りすぎる傾向が見られますので肥満を招きます。また塩分を多く使いすぎると高血圧になってしまいますので、なるべく素材の味を生かした薄味のものにしましょう。どうしても濃い味付けが食べたいときには献立の中で一品だけ味を濃くすると良いでしょう。このように工夫次第で生活習慣病を防ぐ食事を日常的に実践することが可能です。

関連ページ

生活習慣病の原因
生活習慣病の原因は毎日の生活の積み重ねにあります。遺伝や体質などから症状があらわれるものではありません。ですから、誰にでもなりうる病の一つといえます。
生活習慣病の予防
生活習慣病は予防できる病気です。生活習慣病には数種類の症状があります。中でも食事がその重要性は高くなります。毎日の積み重ねが予防につながります。
生活習慣病と睡眠
生活習慣病と睡眠には深くかかわりがあります。睡眠時間の長さにより生活習慣病リスクが大きく変わります。